[AirDropも]SamuraiICOはInvoxFinanceの日本での公式ビジネスパートナーとしてお手伝いしていきます!

みなさま、お久しぶりです。

tokenPocket  や CryptoCrystal にかまけていて、ブログの更新が滞っております。すみません。

 

SamuraiICO第三弾のビジネスパートナー案件- invoxFinanceです!

 

 

STK、SIGNALSに続く第三弾はAirDropが話題となっていた invoxFinance です!

話題のAirDropはこちら   4月10日まで(リファラルプログラムになっています)

 

ホームページもこちらから(まだ日本語対応されていないのであしからず…)

https://www.invoxfinance.io/

 

invoxFinanceのホワイトペーパーの翻訳はまだなので、ワンページャーを先んじて公開します。

https://www.invoxfinance.io/docs/Invox-Onepager-JP.pdf

 

 

invoxFinanceはオーストラリアのFinTechの企業で、

abrFinance(https://abrfinance.com.au/about-us/)のメンバーたちが作った会社です。

(このあたりはSTKとSTACKとの関係性に近いかもしれません)

 

invoxFinanceが解決しようとしている課題

 

売掛債権担保融資における課題を解決しようとしているのがInvoxFinanceです!

現状、販売者から請求書を購入し前もって資金を支払う融資者が購入者と直接的な繋がりを持ちません。

そのため融資者は、販売者から提供される情報をただ信用しなければ ならないので、融資者は請求書未払いのリスクに晒されることになるのです。この課題を解決しようとしているのがInvoxFinanceです。(詳細はまたホワイトペーパー公開後に記事にします!)

 

ところで、売掛債権担保融資(インボイスファイナンス)とは?

 

ABL(売掛金・在庫担保融資)とは事業サイクルにおいて売掛金や商品在庫という貴重な資産を担保として融資する新しい手法です。不動産担保に代わる新たな資金調達手法として注目されています。
※ABL=流動資産担保融資(アセット・ベースト・レンディング)

出典:https://www.tokyostar-bf.co.jp/star-abl/

 

ようは、売掛金(いってしまえば請求書)をベースに、お金の融資をうけることができる手法のことですね。これが請求書払われない可能性があるということで、ブロックチェーンで透明性もたせようぜ!というのがinvoxFinanceです。(STK以上に世界的なマーケットは大きいのですが、詳しくないとピンと来ないかもしれません笑)

 

日本語のテレグラムも始動しました!

https://t.me/invox_jp

 

是非参加くださいませー!

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。