Ethreumのスマートフォンクライアント型ウォレット-tokenPocketをリリースしました。

どうも、@SamuraiICO です。

本日公開したみなさんに是非お伝えしたいアプリ「tokenPocket」についてご紹介させていただきます。

tokenPocketとは?

 

 

ずばりシンプルに言うと「スマホで使えるイーサリアムウォレット」です。

 

とりあえず、使い方はMediumにまとめたのでそちらで読んで下さい。

 

▼tokenPocketの使い方(medium)

https://medium.com/@tokenPocket_jp

▼プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031413.html

▼ダウンロードはこちら

https://itunes.apple.com/app/token-pocket/id1288636393

View profile at Medium.com

ここからはわりとなぜ「スマホウォレットなのか?」という感じで。

 

前提、仮想通貨資産保全はハードウェアのコールドウォレット&貸金庫とかで厳重に管理すべき。

 

「仮想通貨は自己責任」という言葉でもおなじみかもしれないですが、

ブロックチェーンには管理者がいません。そのため、自分で管理することが大事です。

そのため、クライアント型だろうがパスワードや秘密鍵がちょっとでも漏れる可能性があるソフトウェアウォレットは資産の保全のためには使うべきではないと考えています。(ここは銀行の口座と似ていると思っています)

さらにいえば、PWをなくしたり、スマホ取られる可能性(セルフGOX、スマホGOX)があるとすれば、やはりスマートフォンのソフトウェアアプリとして全ての仮想通貨資産を管理するのは危険だと自分は思います。

 

しかし、それだと日常的に使えないし、面倒じゃない?

 

としたときに、ちょっとした額のICOや、DEXでの取引、Dappsのゲームを遊ぶときに、いちいちハードウェアウォレットを使うか?というとそれもそれで面倒です。というか面倒だなぁと思っていました。

そのため、そうした「普段使いの場面で使いやすい」そして「DEXやDappsで使いやすい」スマートフォンウォレット(さらにいえばスマートフォンApp)は今後、分散型アプリケーション&イーサリアムが存在感を増していく中で必要な存在になると思ったので作ったという感じです。

 

Fiatの価値が下がり、トークンエコノミーが来るなら、もっと使いやすいべき

 

ここまで色々なICOがあり、今年は本当に色々な分散型アプリケーション(Dapps)がプロダクトとして出てくると信じてます。

そして、暗号通貨の潮流としてDapps、Dexがあるのであれば、日本でのDappsの普及、そして日本でのDexの普及を進めるために尽力したいです。

 

 

ICOはしないけど、何の価値もないトークンを、テレグラムに入ってくれて、アプリをダウンロードしてくコミュニティに貢献してくれた方、先着100名にお渡しします。

 

このあたりがETHトークンの面白いところだと思うのですが、

https://etherscan.io/token/0x435e5dd73e3ec61a9642f1458b3e82c0986165ae

イーサのメインネットで何の価値もなく 、一切分割のできないtokenPocket(TKPT)というトークンを1000個作らせて頂きました。

将来的にどう使うかも未定ですが、貢献いただいた方に感謝の印としてTKPTを1つ送らせて頂ければと思います。

是非、積極的なご意見を頂きプロダクトを改善していきたいです。

https://t.me/tokenpocket

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。