ArcBlock-イーサリアムのその先を見据えるブロックチェーン3.0

ブロックチェーン3.0-分散アプリケーションのプラットフォーム:ArcBlock.

 

本日ご紹介するのはArcBlockというプロジェクトです。

面白い!ですが、ものすごく長期的展望のプロジェクトなのでは??という気がしています。

ホームページ:https://www.arcblock.io/ja/

ホワイトペーパー:https://www.arcblock.io/file/whitepaper/WhitePaperEnV2_en-US.pdf?v=2

動画↓

 

 

 

ArcBlockとは何か?

 

 

ArcBlockはブロックチェーンとクラウドコンピューティングを統合し、

誰にでも使いやすいプラットフォームたろうとするプロジェクトです。

(独立したソフトウェアのパッケージや、APIを渡すとかでもなく)

 

 

今までのイーサリアムやビットコインを始めとしたブロックチェーンには以下の問題がありました。

トランザクションが大量にさばけない

これはまぁ、想像に難くないですね。ビットコインにしろイーサリアムにしろセキュリティ的に必要だからという話ではありますが、大量のトランザクションをさばくことはできません。

プラットフォームロックイン(特定のプラットフォームでしか開発できない)

こちらもそうなのですが。ビットコインを作るかは別として、イーサリアムとネオを同時に満たした〜みたいなDappsを作ることは難しいですよね。イーサリアムの開発者はイーサリアムの開発者となり、プラットフォームにロックされます。

 

コストがかかる

インターネットについては言うまでもなく、無料です。いまのブロックチェーン(イーサリアムを始めとして)は利用するにあたり、トランザクションに手数料がかかります。爆発的な利用になるには、その手数料がかかりすぎているという問題があります。(ちなみに、筆者はインターネットも手数料かかっておるやないけと思います。)

 

ユーザーフレンドリーでない

分散アプリケーションについては、クリプトキティが最もユーザーフレンドリーかもしれないですが、メタマスクのログインが必須ですよね(この時点で相当ギークのためのもの笑)ここは確かに問題だと思います。

 

これら4つを解決するのが ArcBlock です。

 

 

ここからは自分なりの理解(難解だったので違うかも)

 

今のブロックチェーンってそのブロックチェーンごとに世界が別れているわけですよね。

アトミックスワップなんてものも言葉的にはありますが、

AブロックチェーンとBブロックチェーンはそもそも連携できなければ、秘密鍵のロジックも違うわけです。

BLOCKLETという機能で色々なものとブロックチェーンを統合して使えるように

 

複雑なのですが、Blockletという機能がArcBlockのコアになります。

 

 

色々なサービスのデータであれ、オンチェーンのデータであれ、オフチェーンのリソースであれ、

ブロックレットの中で、様々なブロックチェーンと統合して用いることができるようになります。

 

そしてその際のトランザクションに応じて、

そのブロックレットを提供している提供者側はトークンを支払う必要があります。

ここが面白い部分で、トランザクションについて払うのは提供者

(エンドユーザーはトランザクションフィーを払わなくて済む)というところです。

 

 

ちなみに各ブロックチェーンのアダプターを作るインセンティブも秀逸

 

ChainAdapterで各ブロックチェーンへのアクセスを手軽にできるようにするためのAPIを設定できます。

なお、このChainAdapterを使うときにABTトークンが必要であり、(作った人に支払われます)

各技術者にとってChainApdaterを導入することのインセンティブになります。

 

 

CloudNodeを使うのはノードを持たなくても情報を手軽にとれるようにするためか?

 

イーサリアムにもinfula.ioというノードサービスがありますが、

クラウドのNODEを作り、その情報をウェブサーバー的に返せるようにすることで、

Nodeを持たない人々も手軽にブロックチェーンを操作できるようになるのかなと。

 

 

ICOしているトークンは何に使うのか?

 

既に少し説明してしまいましたが、

僕の理解では、

Blockletの手数料をアプリケーションプロバイダーに請求するときに使われるもの と捉えました。

なので、「各ブロックチェーンの詳細を理解したくないけどDapps作りたい」みたいな人がでてきて、わんさか使われた場合ABTで支払う必要がある感じになると。

 

ちゃんと実需の設計ができているのは良いなと思いました。

 

感じたこと:ブロックチェーン3.0は言い過ぎかな

 

秀逸なアイディアで、実際インフラのレイヤーではなく、

アプリケーションのレイヤーを取りに来た野心的なプロジェクトだなと感じました。

 

思ったこととしては、クラウドの計算量を提供したり、ブロックレット向けのアダプターを提供することをマイニングとよんでいますが、正直ブロックチェーンの情報を持ってきてプラットフォームとして提供するにとどまるので、ブロックチェーン3.0というほど大層なものではないかなと。

 

まだまだDappsがない世の中で、Dappsをどうやって使っていくか?も不明な中で、

そのプラットフォームを取るぞ!というプロジェクトなので、長期的な視野が必要だと感じました。

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。