SCAMプロジェクトの手法にみるSCAMの見極め方

SCAM死んでしまえ。そんな年明けの挨拶からスタートです。

 

あけましておめでとうございます!(2回目)

 

まず最初に、

「ICOは全部詐欺だと思って疑え」これだけは覚えて帰ってください。

 

記事を書いていて色々調べていて、あ、コレSCAMと気づいたのですが、

マイナーICOの参加を検討する上で、「SCAMだな」という見極め方をご紹介します。

 

ちなみに今回のSCAMは、紹介記事を途中まで書いたMovement

「あなたのランニング距離がトークンになる」という糞プロジェクトです。

 

 

見極め方1:創業者すっかすかのLinkedin

 

 

え、仕事歴薄すぎ・・・

おまえがやるより俺がやったほうが多分うまくいくわ。これなら。

しかも、Dremerって自分で言うとかホント死んだほうがいい。(こういうやつかどうか見極める必要がある)

 

清志郎かよ。オマエ。

 

ちなみにSTKのミロ(創業者)のLinkedin は下記。

別にいくらでも書けるからコレで信用してはいけないけど、コレくらいないと信用しては行けないと思う。

 

 

 

見極め方2:Bitcointalk、怪しいと思ったらアカウントの投稿を追ってみる。

 

最初に気づいた人はこれがアメリカ英語じゃない!というところから気づいたみたいです。

 

その後、たくさんのFullMemberからプロジェクトをサポートする意見が来ましたが・・・コレが曲者。

 

 

 

実はロシアの人たち

しかし、この人達が大体ロシアのローカルに投稿しているわけです。

(この辺は、もし我々がアメリカ人のふりして、日本人のフルメンバーに援護してもらってたらこうなりますよね)

 

 

しかも、devはSrメンバーのアカウントを購入している・・・

 

 

結論、アカウントは購入できる。=アカウントの信頼が高いから良い! とならない。

検索してみましょう。postとかデてきます。何事も調べずに信じてはいけないのです。

 

見極め方3:やっぱりイーサチェッカーとかイーサスキャン

イーサチェッカーはコントラクトアドレスをききつけてくれれば、あとは以下のツールでチェックできます。

https://samuraiico.io

たった26eth…

 

例えば、今回のMOVEについてはコントラクトアドレスが公開されていて、

https://etherscan.io/token/0x40c505929f4ebeba65c84cc0f2ca6f48b05919c4#balances

27Address….

 

いや。限られた人たちだけが選ばれたってことならわかるんだけど、

260万円しか集められないプロジェクトによっしゃとならない用にしましょう。

 

やっぱりICOについて思うこと。

 

マイナーすぎると、流動性とかの意味でも、やっぱりSCAM率がクソ上がります。

マイナーなICO参加は基本ヤメたほうがいいのかな?という感覚です。

自分がめっちゃ関わるとか、チームと一緒にプロジェクトやってるとか、深く知った人とかじゃない限り、

やっぱり全部詐欺だと思って挑んでちょうどいいと思います。

 

STKみたいに既に実態がある会社と紐付いていたり、

COMSA(といってもまだない)みたいな形で企業が発行する場合は良いと思うのですが。

 

ICOは基本的に全部詐欺だと思って調べるくらいがちょうどイイと思います。(本日3回目)

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。