[STKトークン]仮想通貨での店舗での即時支払いを可能に

こんにちわ。

私達がお手伝いしている、「STKトークン」ですが、記事を書いていなかったのでちゃんと紹介していきたいと思います。

我々がお手伝いしているのはめっちゃくちゃ面白いプロダクトだからなので是非最後までお読みくださいませ!(^^)

なお、詳細の情報や最新の情報、購入についての疑問などは

日本語公式テレグラム(https://t.me/stktoken_japan)にて承っています。

 

 

STKトークンとは?

 

カナダのFinTech系の企業の提供しているアプリケーション「STACK」用の仮想通貨で、

朝のコーヒーやスーパーでの支払いなど、店舗のPOSにおいて仮想通貨での即時決済を提供します。

STACK は店舗既存の POS 機器を変える必要なく仮想通貨の受け入れが可能です。

即時決済をする方法としては、STKトークン自体を、いわば法定貨幣と仮想通貨のブリッジのように利用することで即時決済をさせていきます。

 

つまり、クレジットカードの決済アプリ的(日本だとモバイルSuica+マネーフォワードみたいなイメージ)に、ビットコインやイーサリアムでの決済ができるようになるというサービスを提供します。

その際に交換手数料として利用されるトークンがSTKトークンです。

 

ホワイトペーパーはこちら(ちゃんと日本語訳ついてますよ!)

https://jp.stktoken.com/STK_whitepaper_jp.pdf

日本語公式ホームページ:

https://jp.stktoken.com/

↓字幕付き動画(字幕つけました!)

 

 

何が面白いの?オススメポイントは?

 

ポイント1:マスターカードと提携済み。既に現時点で”3900万”以上の店舗で利用可能

 

仮想通貨決済を受け付ける業者が少ない中で(Nembarくらいですかね)、STACK は既存の決済ネットワーク(具体的にはマスターカード)と提携※しており、3900 万の加盟店で仮想通貨ウォレットを使⽤することができます。

※STACK自体がマスターカードと提携済(ちなみに創業者Miroは元MasterCardのカントリーマネージャー) 詳細はこちらのURLから。

 

 

ちなみに、仮想通貨決済を現時点で受け付ける店舗はごくわずかです。

消費者は買い物の際、仮想通貨を現地通貨に交換する必要がありますし、既存の取引所を通すため時間がかかり、かなりの⼿数料がかかります。

また他のICOなどで、⼩売がビットコイン決済をできるように製品の製造をした企業もありますが、現在はごく限られた数の店舗しか利⽤できませんし、導入には時間がかかる見込みです。

その意味で、STKを利用すれば、この交換をリアルタイムにし、クレジットカード払いが可能な場所すべてにおいて、イーサリアムの⼿数料に匹敵する料⾦でご提供することができるようになります。

 

ポイント2:β版が1月中旬にリリース予定(α版じゃないよ)2万人が待機中。

STACK ウォレットは、現時点においてプライベートベータ版で、2 万⼈の待機リストを持っています。

そして、来月にはβ版がリリース予定です。(αじゃないですよ)

ちなみにウォータールーでのイーサリアムイベントの際に、海外ブロガーがデモを体験した映像にも字幕をつけたのでご覧くださいませ。

 

ポイント3:創業者たちが精力的にプロモーションしている

たとえば、シリコンバレーのブロックチェーンEXPOなどでも講演しており、一定の信頼をおけるかなと捉えています。

「ICO参加して逃げられる」って一番うざいしムカつくのですが、それは最低限ないんじゃないか?という社会的信用のあるプロジェクトです。

↓字幕で見れます。

シンガポール技術大学でのパネルディスカッション、トロント大学でのカンファレンスなども実施。

ちなみにVitalik がSTKの顧問のミートアップイベントでリツイートしたそうです。

 

 

懸念点は?

 

日本での対応予定はだいぶ先

まずはカナダの企業ということもあり、北米+カナダ での提供が優先的に行われる予定のため、日本ではSTACKの利用を体感できない可能性が高いです

 

競合優位性自体はあるものの、提携自体は今後も起きうる。

既に3700万以上の店頭で利用できる&既にβ版のアプリのリリースができる状態というのは競争優位ですが、とはいえ「提携」「アプリ作成」自体は真似できるので、どこまで先行者優位を取れるかにかかってきそうな状態です。可能性は十分だが、盤石とは言えないという感じでしょうか。

 

税金

税金どういう風に計算するの?という話があります。

割りと結構使われるようになったら大きな問題になりそう。後で追跡可能とはいえ。

 

トークンセールについて

実はプリセールは既に終わっています。

次はメインセールが、1月31日00:00 UTC(日本時間にして 1月31日 9:00)から始まります。詳細はこちら

 

48時間以内が10%割引になるので、参加する場合は忘れずに。

 

ちなみに、最低購入額0.07ETHで、ハードキャップは1700万ドルです。

 

 

最後に、是非テレグラムに参加ください。

 

日本人コミュニティをもう少し活発にしたいと考えています。

この記事では書き足りないことも多いので、是非Telegramに参加し一緒に議論しましょう!

公式日本語Telegram:https://t.me/stktoken_japan

 

例えば「カナダに行ってSTACK使ってみた」みたいな企画もやってみたいなぁ(笑)

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。